使わなくなったiPhone活用法。

-2014年5月17日


iPhoneは機種変する度に増えていきます。
僕は3GSが余っているのですが、何か使い道が無いかと考えたところ、
便利に使える方法がありました。

①Todoリスト
よくありそうですが、上の画像のように、
モニターの横にくっつけておきます。
これで簡易サブモニタの出来上がり。

アプリは「gTasks HD」を使って、googleのTodoリストと同期させてます。
googleのTodoリストは、googleカレンダーの右側に表示させられるので、
やるべきことが一気に見られてすごく便利です。
ちなみにアプリから、チェックと削除もできます。





②音楽プレイヤー
これもよくありそうですが、普通に同期はしません。
iPhoneは音楽を入れるのに母艦PCが必要なので、結構めんどくさいです。
特に使ってないiPhoneとなれば、普段持ち歩いてないのでほぼ同期はしません。

そこで「cloudBeats」を使います。
「cloudBeats」はDropboxに入っている音楽を、ミュージックプレイヤーとして再生させるアプリです。
そうすると、Dropboxに音楽を入れるだけで、新しい音楽を再生できるので、日常的に使えるようになります。
これは現状のiPhoneでもかなり便利です。
※たとえ自分しかアクセスできないとしても、Dropboxに権利つきの音楽を入れるのはグレーゾーンなので自己責任で。




どちらもWi-Fiが必要ですが、
デスクワークの人には、結構便利な使い方だと思います。

Twitterを自分用のメモにする方法。

-2014年5月14日

久しぶりの更新です。
理想は毎日更新のブログも、諸事情によりめっきり止めてましたが、
方向性を変えて、できるだけ書けるようにしようと思います。

僕はWebデザイナーの端くれなので、
いわゆるネットサーフィンがかなり重要です。
新しい広告・サービス・情報など、結構生命線です。

加えて、効率化が趣味なので、新しいサービスやアプリはソッコー試して、
少しでも日々の生活を効率よくできないか考えています。
これも、その中で見つけたことの1つです。


ということで、「Twitterを自分用のメモにする方法。」

と言っても新しいことではないのですが、
「自分のつぶやきにオリジナルのハッシュタグ(#)を付ける」です。

-----------
ハッシュタグとは、#◯◯という書き方で、
コミュニティや、共通の話題で同じハッシュタグを使っていると、
検索でまとめて表示されるので便利ですよ、って機能です。
-----------

なので、自分のメモにしたいつぶやきに、#◯◯ というハッシュタグを付けて、
検索すると自分のメモだけが出てくるって寸法です。

誰かが使っているハッシュタグだと意味ないので、
Twitterで検索して、そのハッシュタグが使われてないかチェックしときましょう。

で、これが重要。
わざわざTwitterをメモにする必要なくない?ってとこです。

確かにEvernoteやSimplenoteなど、
クラウド上でメモを管理できるサービスは沢山あります。
ですが、それと大きく違うのは、ストック型のメモではなく、発信型のメモになるということです。

僕もいろんなサービスを使っていますが、ストックしていくタイプだと、
ストックしたことで満足してしまうというか、それで終了してしまうことが多いです。

その点、Twitetrは自分で発信したものなので、「回収する」という意識が少し働く気がするのです。
まぁ気持ちの問題なのですが。
それと、メモする場所がSNSなので、まわりまわって何か広がるかもという期待もあります。

ちなみに僕は、時間が出来た時に行きたい場所を思い出すため、
気になる場所やイベントをメモし始めました。


ということで、Twitterでメモしたら、それを引き出すのはTwitter検索。
ただそのまま検索するのはめんどくさいので、アプリを使います。



検索結果を保存でき、もしハッシュタグが被っても結果からブロックもできるので便利です。


最後に、僕は基本的に新しい情報はネット上で見つけるので、
それをすぐメモしておきたいのです。そこで便利なのがChromeの拡張機能。
ツールバーからすぐつぶやけます。

■Twitter専用/Silver Bird

■TwitterとFacebook同時投稿用/SocialBa! 2.0


ということで、「Twitterを自分用のメモにする方法。」でした。

5分間スケッチ。

-2014年4月10日

最近、うざがられようと続けている5分間スケッチ。
きっかけは、この記事です。

漫画家・江口寿史先生推奨「5分以内ですぐ出来る、ゴミ出し前のお手軽スケッチ練習法」

デザイナーという職業の人は絵がうまいと思われがちですが、それは全員ではありません。

小さいときは絵がうまいと言われていましたが、
デザイナーになってみると、周りは美大卒ばかり。
自分の絵の下手さに引きます。

個人的に思うことですが、
デザイナーは0から1を作るのではなくて、1から100を作る職業だと思います。
つまり、写真・イラスト・コピーなど素材があっての職業なので、
何もない状態からメインビジュアルを自分で作るのは難しいのです。
そこがアーティストさんとの違いだと思います。

ただ、絵が描ける人は別です。
イラストが描けると、それをメインビジュアルにデザインができるので、非常にうらやましいのです。


それでどうにか絵の勉強をしないといけないと考えていたところで、さっきの記事を発見。
騙されたと思って初めてみました。

絵がうまくなるかは分かりませんが、
これがめっちゃ楽しいです。ほんとに5分間があっという間です。
下手でいいし、似せなくていいし、とても楽しく描けます。

そして、いろいろと発見があります。
人間はこんな形なのかとか、小顔の方が上手く見えるとか。

久しぶりに、絵っておもしろいと思えました。
あとは、どれだけ続けられるか。。




怒涛の週末。

-2014年4月 1日

久しぶりの怒涛の週末。
土曜の深夜から学大前で撮影をした後、ほぼそのまま恵比須へ。

僕はONというデザイン事務所に所属しているのですが、
その代表が昔所属していた会社の集まりがあるということで、
恐れ多くも参加させていただきました。

結果は予想通り、なかなかの無力感を味わってきました。

大学のときから知らない人が多い集まりは得意では無く、
DESIGNING展のパーティーなどでもなかなか話しかけられなかったのですが、
あんまり変わってなかったです。


そしていつも思うのは、悔しいということです。
コミュニケーション能力の低さを含め、
自分の「何者でもない感」を実感してしまいます。

海外で英語が話せず何もできない感じにも似てます。

今月で社会人5年目。デザイナーになって丸4年でも、何者でも無いという事実。
トップデザイナーという漠然とした野望は、まだまだまだまだ遠い道のりです。



それでも少し勇気が増えたような気はしました。
なぜかは分からないですが、学生のときよりはマシな気がしました。
第一線で活躍されている方々が、優しく話してくれる。
東京にいるという実感も湧きました。



久しぶりにそんな懐かしい気持ちを味わい、切なくも気合いが入り、
参加できてよかったです。いろんな意味で、とても良い会でした。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11