くもり。

-2013年10月22日

批判的な内容を書くのは、気が進まないのですが、
あまりにも酷かったので。

J-WAVEがクラウドファンディング企画を始めています。
それが、簡単に言うと前売り券としてお金を集めているだけなのです。
◯◯円で◯◯席!
みたいな。

J-CROWD MUSIC 音楽プロジェクトをみんなの力で応援しよう!

僕の勝手なクラウドファンディングのイメージは、
A:アイデアはあるけど、実現するお金がない。
A:でもこれがあるとハッピーになるでしょ!
A:だれか協力して!
B:それいいね!お金出すから実現してよ!
C:俺も出すよ!でも実現したら割引してね!
って感じです。


J-WAVEは違います。
基本的に資金のある大きな企業なので、
お金が集まろうが、集まるまいが、
そのこと自体は実現可能なのです。

ただそこにプラスの資金が欲しい、
お客さんを確保しておきたい、
新しい方法を使っているイメージを与えたい、
など、完全に利益のみの運用の気がしてなりません。

クラウドファンディングの志に決まりなんてないので、
なにをやろうが自由なのですが、
こうやって、新しい単語は利用されていくのだろうと、
個人的にすごく残念な気持ちになりました。


ちなみに、クラウドファンディングのクラウドは、
cloud(くも)ではなくcrowd(群衆)なのですね。

FLYPAPER 創刊!

-2013年10月 5日

"FLYPAPER" という企画を始めました。
FLYPAPERとは、1ページの告知用Webページです。


ざっーーくり言いますと、
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
デザインとウェブに関わる人間として、
それを使って誰かの役に立ちたいし、Webページを作るっていうハードルを下げたい。
自分の作品も増やしたい。
イベントの告知に関われば、イベント情報も知れるし、新しい出会いもありそう。
個人のイベントでWebページって、世の中的にちょっとハードル高いかも。。
告知ツールが増えるのは、主催の人にも良いのでは?
じゃあやるで!

"FLYPAPER" - http://fp.17design.jp
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
というモノです。


飲み会をするとき、イベントをするとき、結婚式をするとき、
いろんな方法で告知をすると思います。

メール、Facebook、LINEなどを使って情報を回すこともあれば、
チラシ・フライヤーを作ることもあると思います。

それに加えて、「告知用Webページ」も作りませんか?
っていう提案です。

・文章だけだと味気ない。
・チラシ・フライヤーは渡す時間がない。
・動画を見て欲しい。
・"いいね"を増やして広めたい。

など、Webだからこそできる告知方法がたくさんあると思います。
そんな「1ページの告知用Webページ」を作りますよ!ってのが"FLYPAPER"です。

詳しいことは、FLYPAPERのページを見てもらいたいのですが、
「1ページ」ってのは、僕ら都合の部分もあります。

正直、普通のHPを作るのは時間が掛かります。
頼んでくれる人にも、いろいろ準備してもらわないといけません。
金額面も含め、そこらへんのハードルを下げるために、「1ページ」にしました。

ということで、
WinWinなものづくりが出来るような気がしております。

とりあえず気になる方はメールいただければと思いますので、
"FLYPAPER" よろしくお願いいたします!


"FLYPAPER"

おっきな栞。

-2013年9月23日

文章にしたいことが大量にあるのですが、
ずっと更新できず。
やっと少し落ち着いたので、遅ればせながら東京オリンピックの話。

2020年、決定しましたね。




みんなが未来を考えて、
その日も幸せであろうと夢見た一日。


人生はときに本にたとえられ、その本にはたくさんの栞があります。
最初の1ページから始まって、
入学したり、卒業したり、旅行に行ったり、みんなで飲んだり、
大事な人と出会ったり、なくしたり、就職したり、結婚したり、
そのたびに栞が挟まれて、たまに読み返します。

そのページは、ひとりで開くこともあれば、
周りの仲間と開けるものもあります。

数ある栞の中で、
僕が生きてきた中で、最大の栞が東京オリンピックになりそうです。
ちなみに今までの最大級は日韓ワールドカップと、東日本大震災。
良くないことにも栞は挟まれます。


初めて会った人にも挟まれている栞。
そしてその後も読み返せるであろうページ。

ハッピーな国民的行事ってのは、いいことだなと思いました。

tokyo2020_kagawa.jpg

いつもの朝 | 高嶋音楽事務所

-2013年9月 5日

正直、僕はほとんど関わってないのですが、
うちの同居人がいろんな方と協力して、プロモーション作品を作りました。

つながりでモノを作れるって、とても素敵なことですね。
巻き込んだり、巻き込まれたり。
簡単なようで、なかなか難しい。
たくさんの方に見てもらえると嬉しいです。

いつもの朝 ≫

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
24のプレリュード (日本コロムビア)より
「いつもの朝」
▨作曲家・ピアニスト / 加羽沢美濃

▨スタイリスト / 椋野裕貴
▨ヘア&メイク / 高口直也
▨フォトグラファー / 大濱健太郎
▨イラストレーター / 小島尚実
▨Web・映像編集 / 稲田拓郎
▨企画 / 平原慎士
▨Special Thanks / Kalina、 安井達郎
▨衣装 / NOWHAW
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15